『第一財経YiCai』は中国最大のビジネス・クロスメディアです。
経済・金融・マーケティング情報に強いのが特長です。


新着情報

  • 2020.07.12

    第3回「2020 WAIC」の三日間のアクセス総数は2億超!

    第3回「2020 世界人工知能大会クラウドサミット」が7月9日~11日の3日間にわたり 上海世博中心をメイン会場として開催されました。「智聯世界 共同家園」をテーマとし、実況中継やホログラム、第5世代移動通信システム(5G)などの最先端技術を駆使し、全世界に向けて配信され、三日間のアクセス総数は2億超に及びました。

  • 2020.06.18

    “新たな”テーマにて第12回 陸家嘴フォーラムが上海にて開催

    「第12回 回陸家嘴フォーラム」が6月18日、19日の2日間に渡り上海で開催されました。今回のテーマ「上海国際金融センター2020:新たな出発点、新たな使命、新たなビジョン」のもと、7つの本会議と1回のナイトミーティングが設けられ国際金融協力、人民元国際化、金融市場開放、科創板1周年、金融司法環境などのホットな議題にて、活発で有意義な討論がなされました。

  • 2020.06.10

    3つの角度から“智在前行”というコラムシリーズを立ち上げました

    新型コロナ感染症の災禍においても、各種のオンラインビジネスや、インフラストラクチャを支える革新的な産業は、決して歩みを停めることはありませんでした。人工知能や5Gなどの革新的なテクノロジーの助力を得て、従来型の都市管理システム等は新たなステージへと前進し続けています。第一財経は、コロナ禍後の正常化しつつある状況における「マクロトレンド」「都市の発展」「産業革新」の3つの角度から“智在前行”というコラムシリーズを立ち上げました。

  • 2020.05.29

    2020年5月 最新基準における「新一線都市ランキング」を発表

    第一財経 新一線都市研究所は5月29日「2020 新一線都市クラウドフォーラム」を開催。5年連続の「都市ビジネス魅力度ランキング」に加え、今年は新型コロナウイルス感染症の影響下における『2020 都市応急能力報告書』も併せて発表しました。過去のルールやスタイルを超え、最新の基準で測られた「新一線都市」の順位、選出は 国内外から大きな注目を集めました。