『第一財経YiCai』は中国最大のビジネス・クロスメディアです。
経済・金融・マーケティング情報に強いのが特長です。


新着情報

  • 2021.03.30

    上海・虹橋にて 第30回「HOTELEX Shanghai」開催

    第30回「HOTELEX Shanghai」が、3月29日から4月1日まで上海・虹橋の国家展示センターで開催されました。今年のHOTELEX上海は「“食”来運转,而立绽放」(”食”が幸運の開花に導く)をテーマとして開催されました。展示エリアの規模は60万平方メートルに及び、5,000の出展者と40万人の来場者にプロフェッショナルかつハイクオリティーな交流のプラットホームを構築、提供しました。

  • 2021.03.18

    中国31省のビッグデータ「コロナ禍の婚姻・離婚の状況」は?

    コロナ禍の2020年。婚姻、離婚の件数はどのような状況だったのでしょうか?中国民政部の統計によると2020年の中国の婚姻件数は2003年以来で最も少ない813万1000組で、最も多かった2013年より-40%まで減少しました。3月18日、第一財経は各省の統計データに基づき中国の婚姻・離婚の状況をまとめ、特集しました。

  • 2021.2.26

    EVの心臓部を担い、躍進を続けるCATLの企業レポートを掲載

    「寧徳時代(CATL)」は、現在、EV用電池メーカーとして世界最大手に成長。2011年に設立されたばかりスタートアップ企業のCATLは、メルセデス・ベンツを始め大手自動車メーカーのEV用電池市場から引く手数多で 世界シェア3年連続No1のポジションにまで上り詰めました。EVの心臓部を担うメーカーとしてCATLが「君臨」する背景には何があるのか…第一財経magazineは2月26日にCATLの企業レポートを掲載しました。

  • 2021.2.20

    中国の新興EVメーカー3兄弟は、なぜ世界の注目を集めたのか

    中国の新興EVメーカー3兄弟と称されている上海蔚来汽車(NIO)、理想汽車(LEADING IDEAL)、小鵬汽車(Xpeng motors)は、スタートアップEV車製造企業として、三者三様に特色を持つ企業であり、2020年、3社はともにナスダックに上場。株価はどんどん上昇していき、EV車に興味がない方々からも、多くの注目を集めました。第一財経magazineは2月20日に、この3社のそれぞれの特徴を「深掘り分析」した記事を掲載しました。