『第一財経YiCai』は中国最大のビジネス・クロスメディアです。
経済・金融・マーケティング情報に強いのが特長です。


新着情報

  • 2021.1.30

    「国際デジタル都市 上海」の5ヵ年計画と長期目標

    未来の上海はどう変わるのでしょうか。1月27日に開催された「上海市人民代表大会(地方議会に相当)」第5回会議では、上海市経済の中期目標などを定める第14次5ヵ年計画(2021~25年)と2035年までの長期目標が発表されましました。上海市は第14次5ヵ年計画にて、世界的に影響力を持つ国際デジタル都市の建設に取り組むための様々な指針を発表。第一財経はこの内容をわかりやすく図表でまとめ、全方位で解説しています。

  • 2021.1.21

    TikTokの「ByteDance」が日本市場に本格参入の意向

    1月20日の共同通信の記事にて、TikTokの親会社である中国「ByteDance」が、東京オフィスへの投資により、日本市場に本格参入する意向が明らかになりました。2017年の誕生以来、瞬く間に世界を席巻した短尺動画プラットフォーム「TikTok」。アプリは全世界で20億ダウンロード(2020年6月時点)を超え、日本においても若者を中心に爆発的にヒットし、その人気は未だ衰えを知りません。日本市場における「ByteDance」の今後の動向が注目を集めています。

  • 2020.12.16

    ビッグデータ視点に注目「重-RE·2020 第一财经数据盛典」

    第一財経 及び 第一財経商業データセンターは12月16日・17日の2日間「重-RE·2020第一財経データフェスティバル(重-RE·2020第一财经数据盛典)」を開催し、40社を超えるデータ提携パートナーとともに ビッグデータの俯瞰的な視点から「2020年 中国インターネット消費生態系ビッグデータ報告書」を作成。新たなインターネット消費の開拓分野と進むべき方向性に注目。アフターコロナにおける消費の再構築を模索し、これからの中国インターネット市場における成長ポイントを示すデータを発表しました。

  • 2020.12.13

    中国ビジネス界のアカデミー賞 各部門〝オスカー〟受賞者決定

    12月13日、中国のビジネス界におけるアカデミー賞とも称される「ビジネスリーダー賞」の授与式が上海にて開催されました。「ビジネスリーダー賞」は、刻々と変化するビジネス環境において秀でた活躍をしたリーダーを表彰し、ビジネスの交流・協力や、経営知識の伝達・学習を促進することを目的として2005年に設けられた賞で、今年度はアリババ最高責任者のダニエル・チャン氏、小米創業者のレイ・ジュン氏などが、最優秀ビジネスリーダー賞 各部門の〝オスカー〟を受賞しました。